アルコールが体臭の要因となる

アルコールの摂取量が多くなると、体臭が悪化することが分かっています。アルコールそのものの香りが広がるだけで無く、体で代謝をするときに強い刺激臭が増えるのです。
つまり、お酒を飲んだら人の周辺にはアルコールの臭いだけで無く、強い刺激臭が伴ってくるのでかなりの体臭となるのです。そのあたりを考慮して自分の体臭を管理していくことが求められるのです。
どのようなお酒を飲んでも、体臭は悪化するので飲み方の変化を考慮するのでは無く、アルコールの摂取量そのものを減少させていき、お酒を飲まない休刊日を設けたりするなど、習慣そのものを変えていくのです。